So-net無料ブログ作成

『音楽の大福帳』と『Instruction Course for Xylophone』 [本]

新年度がスタートしました[晴れ]
帯広の小学校は、今日、入学式だったそうで・・・。
御入学、御進級、おめでとうございます。
今日からピッカピカの一年生ですね[ぴかぴか(新しい)]
新しい環境に行く皆様、新鮮な毎日を!

私個人は、レコーディングの仕事から新年度が始まった平成28年度です。昨日まで前橋〜帯広自宅スタジオで行われて、自分の分は、来週に持ち越し[るんるん] 

久しぶりのPCからのブログ更新は、本のこと(ほんのちょっと・・・?)。

[ペン][ペン][ペン][ペン][ペン]

以前から、GHグリーンの教則本を「これは、神本です」と事あるごとに人に言っている私。

グリーンは、年齢が40歳の頃という早い時期に演奏家としてのキャリアを捨て新聞などの挿絵を描いていたのですが、その後は、家庭の中でお孫さんの前では、バッハの曲などを弾いて聴かせていた、という逸話があり、そのことから、なんとなく、自分もバッハの作品を弾くようになりました。完全に、グリーンの追っかけというか、神と崇めているので、それに倣う気持ちからです。

でも、バッハの作品をピアノやマリンバで弾くうちに、やはり絶対にバッハを学ぶ事は必要な事で避けて通れない、というか、バッハを弾けるのが音楽をやる喜びだ〜、とまで思う程、今更と思われそうですが、バッハの器楽作品に魅了され続けています。

そんな時、この本の作者の中村洋子さんのブログを発見し、この度、このブログが本になったので早速購入して読みました。愉快痛快、心がスッキリ晴れて清々しく、何より、勇気を頂けるような気持ちになりました。中村洋子さんに心から有り難うございます、の気持ちです。






この本と、グリーンの教則本を、マリンバを勉強している若い方に、是非とも読んで欲しいと思いました。私が言う「神本」は、グリーンが、どうしたら木琴奏者が上手になるか、と考え抜いて出来上がったメソッドだ、と中村さんの本を読んで、確信しました。グリーンは、ピアノやバイオリンから音楽教育を受けてきた人。音楽史において、まだまだ新しい楽器であるマリンバや木琴には、「神本」程の優れたメソッドは無い、とまで思います。

天才木琴奏者の6枚組CD↓

Green Brothers Masters of the Xylophone

Green Brothers Masters of the Xylophone

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: CD Baby
  • 発売日: 2012/05/29
  • メディア: CD




学ぶ春[本]
nice!(0)  コメント(1) 

2013 9月 & 『木琴デイズ』 [本]

先週は、西宮市の聖和乳幼児センターと聖和幼稚園でクニミカコンサートでした。
お世話になりました先生方、お聴き頂きました保護者の皆様、こども達へ、
有り難うございました!
m(__)m

移動したのが前日で、帯広から羽田に出た時は「むわ〜」とした暑さ。
伊丹に到着した時は、打って変わって「さむー」と思う様な雨降りのお天気。
なんでも、この時、関西には大雨警報が出ていたそうで、伊丹の上空で40分飛行機が旋回して着地できない状態でした。
が、
とにかく沢山眠る習性の私は、雷が光ることにも気がつかず爆睡で、クニさんから「ミカちゃんは長生きするよ、まったく」と到着してから言われました。

こども達とのコンサートは、いつもそうですが、元気になります。
この日もクニさんの最近のNo.1ヒット作『たべすぎちょこちょこあらいぐま』を、いまかいまか、と待ちわびている様子。プログラムを進めていく度に「ちょこちょこ、まだ〜?」という声[わーい(嬉しい顔)]

幼稚園では、園児さん達とのコンサートのあと、保護者の方が聴いてくれる大人プログラム。
最近のクニさんは、なんというか、もう、いっちゃっているよな、なんて思う様な構成をぶつけてくるので、時間が読めず、相変わらずの『ボケと大ボケ』ぶりを晒してしまったのでは、と思います。
温かく見守って頂き、感謝いっぱいです。


さて、
この日は、京都の『木琴博物館』=木琴奏者の通崎さん邸へ、同じく、日本で木琴に取り組む数少ない奏者の一人、木村百合香さんと一緒に訪問する、というお楽しみ企画(?)がありました。
通崎さんが、コロムビアミヤカワマリンバ、という前述の幼稚園が付属する大学に存在する、日本で最初にマリンバ製作を始めた会社の楽器を入手した、ということを伺ったので・・・。
(分かり難い説明で、ごめんなさいです)

ごめんなさいをもう一つ、通崎さん邸の楽器の写真を取り忘れてしまい、掲載できませんが、なるほど、その楽器は、大学にあるのと同じモデル。でも鍵盤の形状や質感が少し、違って新しい感じでした。

出所を伺ったら、幼稚園の近所の、また別の園の立て替えをする際に、納屋から出てきた、ということで、おそらく同じ楽器屋さんが進めたものではないか、と。
そこで、幼稚園の出原先生へ楽器屋さんの事を尋ねたら、今はもう存在しない会社でした。

時代の移り変わりが、木琴を通して見えてきます。

といえば、本題、通崎さんの新著書が、昨日、発売されました[ぴかぴか(新しい)]


木琴デイズ 平岡養一「天衣無縫の音楽人生」

木琴デイズ 平岡養一「天衣無縫の音楽人生」

  • 作者: 通崎 睦美
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/09/10
  • メディア: 単行本




木琴大好きな私には、もう、待ち遠しくてたまらなかった本です。
で、
実は、この時の訪問の際、なんと見本として、届いてまして・・・
130910.jpg
↑著者さまを挟んで記念撮影[カメラ]
(自分撮りなので、見切れている所がポイントです)

届いたばかりの本、ホントの話し、湯気が立ってましたよ〜[いい気分(温泉)]

なんというか・・・
まだ、ご執筆中の通崎さんと木琴についてあれこれとメールでやりとりをさせて頂いて、出版前には、まるで『立ち会い出産』の気持ちなっていた自分だったので、この本が世に出たこと、感無量なのです。


木琴デイズ 平岡養一「天衣無縫の音楽人生」

木琴デイズ 平岡養一「天衣無縫の音楽人生」

  • 作者: 通崎 睦美
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/09/10
  • メディア: 単行本




日本の誇る木琴奏者・平岡養一さんの評伝なのですが、木琴がどこから来て、どんな楽器で、という内容も満載で・・・。
全ての鍵盤打楽器奏者、はじめ、世代を超えて、色んな方が読んで下さったら、本当に嬉しいです。
平岡さんも一途になった、木琴。
平岡さんの生き方と木琴を通して、現代を生きる私達に、すごく大切なことを教えてくれる本だと思います。

余談かと思いますが・・・
この日の帰り際、通崎さんから「名前が載っている人には、講談社から直接本が届きますから〜」と言われ、昨日、その本が実際、家に届いたので、「???」と思いながら先に、あとがきに目を通したら・・・[ダッシュ(走り出すさま)][たらーっ(汗)][あせあせ(飛び散る汗)][どんっ(衝撃)][exclamation×2]

ありました、野田美佳、の文字[exclamation×2]
なんてもったいない・・・。
有り難い、言葉が見つからない感激でした。申し訳ない様な、嬉しいと言ってはいけないような・・・。
で、
泣きました。

私自身の個人的な感動は抜きにしても、本当に濃い深い内容なので、是非是非、沢山の方が読んで下さい、と祈っています。


で、
この『木琴デイズ』が届く前に読んでいた本があります↓


クレズマーの文化史: 東欧からアメリカに渡ったユダヤの音楽

クレズマーの文化史: 東欧からアメリカに渡ったユダヤの音楽

  • 作者: 黒田 晴之
  • 出版社/メーカー: 人文書院
  • 発売日: 2011/06/17
  • メディア: 単行本




マリンバはアフリカから、木琴はヨーロッパからアメリカに渡り、現代の楽器の形になった、というのは知っていたのですが、じゃあ、どんな人が木琴をアメリカに持ち込んだのか、という疑問があって、この本を読み始めたのですが、もう、すごく読んで良かった、と思う内容でした。

特に、「木琴」のことが載っているわけではないのですが、木琴と共通のアイコンになる物として、
*ショスタコーヴィッチ
*グシコフ&シュトロフィーデル(shtroyfidl)
*ティン・パン・アレイ
*ミッキー・カッツ(スパイク・ジョーンズの楽団員の一人)
等のことが書かれていて、やはり、クレズマー(ユダヤ人の音楽家)との繋がりを確認出来ました。

もう一冊は↓


Wonderful World of Percussion: My Life Behind Bars

Wonderful World of Percussion: My Life Behind Bars

  • 作者: Emil Richards
  • 出版社/メーカー: BearManor Media
  • 発売日: 2013/04/30
  • メディア: ペーパーバック





Wonderful World of Percussion - My Life Behind Bars

Wonderful World of Percussion - My Life Behind Bars

  • 出版社/メーカー: BearManor Media
  • 発売日: 2013/08/11
  • メディア: Kindle版




留学時代、2〜3回ですが、氏にレッスンを受けたことがあります。
木琴〜マリンバ&ビブラフォン、と移り変わってきた鍵盤打楽器の世界で、この方の存在は物凄く大ききくて、木琴の歴史なんかを見てくると、今現代の奏者で、このエミル・リチャーズさんは、その歴史その物を脈々と引き継いでいる重要な方です。
映画のサウンドトラックやアニメーションでも、氏の演奏が殆ど入っているんじゃないか、と思います。

このリチャーズさんも、平岡さんも、大好きなGHグリーンも、その始まりは同じ・・・2オクターブ(半)の小さな木琴でした。
これって、すごい事だ、と(木琴大好きな)私には思えます。

読書の秋と、音楽の秋が、一緒に楽しい、9月。





木琴デイズ 平岡養一「天衣無縫の音楽人生」

木琴デイズ 平岡養一「天衣無縫の音楽人生」

  • 作者: 通崎 睦美
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/09/10
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 

キッズヨーガ by 伊藤華野さん [本]

帰宅してからこの3日間、丸一日デスクワークが続いたせいか、夕べから腰が痛く・・・[たらーっ(汗)]
あと2日間はかかる仕事なので、今朝はコルセットをして時々ぶらさがり体操をしながらやり過ごします。ちょっと情けないトホホな身体(×_×)

そんな中、昨日、伊藤華野さんからステキな本が届きました↓


はじめよう! キッズ・ヨーガ 親子で楽しいヨーガあそび (エンターブレインムック)

はじめよう! キッズ・ヨーガ 親子で楽しいヨーガあそび (エンターブレインムック)

  • 作者: 伊藤 華野
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2008/06/03
  • メディア: ムック



おねんねまぁえにまねまねヨーガ―子どもとおとなのキレイな姿勢をつくる絵本

おねんねまぁえにまねまねヨーガ―子どもとおとなのキレイな姿勢をつくる絵本

  • 作者: 伊藤 華野
  • 出版社/メーカー: 京都通信社
  • 発売日: 2007/07
  • メディア: -




ヨガ、は、もはや真新しい物ではないけど、「キッズヨーガ」という、子ども達とヨガを楽しむ、というのは、なんだか、私には新鮮でした。

ページをめくると、それはそれは、明るい表情、気持ちよさそうな子ども達の表情で癒やされました[かわいい]
そして、子ども達と一緒に身体を動かす、っていうところが、先日読んだ本の『免疫力を高める』ということとも結びついているように思えて、タイムリー?なのでした。

先に挙げた「はじめよう〜」の巻末に、基本的なヨガのポーズがポストカード状になって掲載されているのですが、その一つ一つのポーズをカードを見ながら、遊びのようにやることができて、これも楽しい[るんるん]

伊藤華野さんは、全国色んな所でワークショップをされているそうで、8月には東京でワークショップがあるらしい[ひらめき]
お近くの方、おすすめですよー(^_^)b

私も、もうちょっと痛みが引いたら、ポーズ、やってみようと思います。

今週末も、良い週末でありますように☆
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

安保徹氏著『疲れない体をつくる免疫力』 [本]

8月になりました。
帰省中に会った妹に「この本、おもしろいよ」と薦められて読んでみました↓

疲れない体をつくる免疫力 (知的生きかた文庫)

疲れない体をつくる免疫力 (知的生きかた文庫)

  • 作者: 安保 徹
  • 出版社/メーカー: 三笠書房
  • 発売日: 2010/08/20
  • メディア: 文庫



読みやすくて、なるほど、とても面白かったです。
裏表紙に書いてあった『◎40代から「絶対に気をつけるべきこと」』のリストにある「体の中の「シーソー(自律神経バランス)」を上手に働かせよう」ということが、この本の中心課題かな、と思います。

そのシーソーは、「交感神経」と「副交感神経」のしくみ。
疲れ方も、この二つの自律神経の働き方によって変わる、そのしくみを物凄く分かりやすく書いてありました。人によって、その二つの神経の働き方が違うので、疲れの取り方&やる気の出し方、も違うと[ひらめき]

読んでいて、自分は意識しないうちに、なるべく疲れがたまらないような生活を、まあまあ、送ることが出来ているな、と思いました。

深呼吸するとか、昼寝とか、太陽と共に起きて眠るとか、湯船に浸かって体温を上げるとか、特別に真新しいことではないけど、疲れをためないような、生き方を意識すると、免疫力があがる、っていうのも、改めて理解出来たように思います。
「大自然のリズムにあわせて生きる」っていうのも、医学的見地から説明されていて納得できるのも良かったです。

後の方に出てくる『月に1,2回、体に悪いこともしてみる』の一節も面白かったです。
風邪をひいた後、抗体が出来るように、二日酔いや夜更かしのあと、体がそれに抵抗して強くなる、っていうのがなんか嬉しい。
とはいえ、それを毎週繰り返したらダメかと思いますが・・・(^_^;)

文庫本でとても読みやすい本でした。



疲れない体をつくる免疫力 (知的生きかた文庫)

疲れない体をつくる免疫力 (知的生きかた文庫)

  • 作者: 安保 徹
  • 出版社/メーカー: 三笠書房
  • 発売日: 2010/08/20
  • メディア: 文庫



nice!(0)  コメント(0) 

伊吹有喜氏著『四十九日のレシピ』 [本]

今まで読んだ中でトップ10に入る、素晴らしい物語でした。


四十九日のレシピ

四十九日のレシピ

  • 作者: 伊吹有喜
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2010/02/16
  • メディア: 単行本




冒頭から引き込まれて、読み進めていく内に、号泣したり大笑いしたり、感情が忙しかったのですが、なんていうか、全篇に優しい空気が流れていました。

特に好きだったのは、「わたしたちはテイクオフ・ボードなのだ」というあたり。

「(中略)人ってそういうものじゃないでしょうか。親が子を支えるように、みんな、誰かの踏切板になって、次の世代を前へ飛ばしていく」(中略)「(中略)生きている、生活をする。気にかけることがあり、気にかけてくれる人がいる。それだけで人は誰かを飛ばし、飛ばしてもらい、一緒に前に進んでいる気がします。(後略)」

『生活』ってどういうことか、答えの一つがこの中に書かれていました。

もう一つ、食いしん坊の私が好きだった場面は、食べ物があれこれ出てくるところ。
「お弁当」からはじまって、「コロッケサンド」「牛乳」「塩ラーメン(バター入り)」「生シラス」「全粒粉のパンとハム」「すきやき」「カレー」等々、良平と乙美を繋げた「豚まん」。
どれも特別な物ではないけど、これを取り巻く空気が優しさにあふれている。泣ける。

先日自分のブログに「自分がいなくなっても残った人が困らないように片付けしてます」と書きました。乙母(おっか)さんほどは出来ないけど、大切な人に残すもの、について考えました。
私が購入した本の帯には『四十九日のレシピ〜私がいなくなっても、あなたが明日を生きていけるように』と書いてありました。

ちょっと話が逸れますが、
NHKドラマ10で2月にこのドラマが放映されていたそうで、その時の良平役が、大好きな伊東四朗さんで、読んでいる時も、ずっと伊東四朗さんが動いていました。それくらい、まったくはまり役というか。
良平の姉=珠子おばさん役は水谷八重子さんだったそうで、あードラマ観たかったなあ・・・。
今年の秋にDVDが発売されるらしい!
映画化もされればいいなあ・・・。

私の個人的な感想ですが『愛にあふれた』物語でした。




四十九日のレシピ

四十九日のレシピ

  • 作者: 伊吹有喜
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2010/02/16
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

角田光代さん著『八日目の蝉』 [本]

色んな本が『積ん読』状態になってます。
夕べはその中から『八日目の蝉』を読みました。


八日目の蝉 (中公文庫)

八日目の蝉 (中公文庫)

  • 作者: 角田 光代
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2011/01/22
  • メディア: 文庫



八日目の蝉

八日目の蝉

  • 作者: 角田 光代
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2007/03
  • メディア: 単行本




読み始めたら止まらなくなってしまい、読み終わって時計を見たら、午前3時半でした。
しかも、読んでいる間、何度か、号泣してしまう場面があったので、「夜中の嗚咽まじりの泣き声」がひょうっとしたら家に響いていたかも[がく~(落胆した顔)]

いや〜、今映画も公開されているけど、すごく見たくなってきました。

内容紹介は、上記アマゾンの紹介によると「逃げて、逃げて、逃げのびたら、私はあなたの母になれるだろうか--理性をゆるがす愛があり、罪にもそそぐ光があった。家族という枠組みの意味を探る、著者初めての長篇サスペンス」だけど、サスペンス、とは思わなくて、すごくドラマ。
母性〜不倫〜誘拐〜カルト宗教〜家族のあり方〜自立、キーワードは幾つかあります。

他の角田光代さん作品も読みたくなりました。

森に眠る魚

森に眠る魚

  • 作者: 角田 光代
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2008/12/10
  • メディア: 単行本



マザコン (集英社文庫)

マザコン (集英社文庫)

  • 作者: 角田 光代
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2010/11/19
  • メディア: 文庫



いつも旅のなか (角川文庫)

いつも旅のなか (角川文庫)

  • 作者: 角田 光代
  • 出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング
  • 発売日: 2008/05/24
  • メディア: 文庫



くまちゃん

くまちゃん

  • 作者: 角田 光代
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2009/03
  • メディア: 単行本



空中庭園

空中庭園

  • 作者: 角田 光代
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2002/11
  • メディア: 単行本



ロック母

ロック母

  • 作者: 角田 光代
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2007/06/15
  • メディア: 単行本



では、次の『積ん読』へ・・・[ダッシュ(走り出すさま)]
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

栗城史多さん著『NO LIMIT』 [本]

身体のことをブログに書いたので、
色んな方からお見舞いメッセージはじめ、
情報を頂きました。
本当に本当に、有り難うございます[黒ハート]
m(__)m

身体の変化を楽しみながら過ごしています。

その中、
ずっと、いつかお会いしたいと思っている人の一人、
栗城史多さんの本に、とても感動したので・・・。
全ての人へお奨めしたい本です↓

NO LIMIT ノーリミット 自分を超える方法

NO LIMIT ノーリミット 自分を超える方法

  • 作者: 栗城史多
  • 出版社/メーカー: サンクチュアリ出版
  • 発売日: 2010/10/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



文章=言葉の一つ一つが、『28歳の青年』というより、
山の神様の存在を知っている人の言葉だから、
力強くて、鮮やかで、みずみずしい。

言葉の力もすごいけど、
この本、装丁が、本当に素晴らしい[ぴかぴか(新しい)]
私には、今までの中でベストです。

ちょっと、話しがそれますが・・・

十勝は冬、晴れの日が多くて、
今朝も、夕べから少し雪が降って、ふわりと大地が白く、
空の青が、春の日差しになってきている、
心が洗われるような景色が広がっています。

この本に出てくる山の雪景色とか、
本の世界なんだけど、いつも見ている景色の真実が
言葉と一緒に入ってきたので、
思わず鳥肌が立つような感動でした。

多分、生きている人全てに送った言葉で、
出版業界からすれば、ビジネスマンに読んで欲しい、
というような気がしないような気もするけれど、
だけど、この一青年登山家の挑戦は、あるな、と
やっぱり、ものすごく力を頂ける、一冊でした。
(今日も、おかしな文章ですみません)

絶対良い本です。
お奨め。
色んな方へプレゼントしたいです。


NO LIMIT ノーリミット 自分を超える方法

NO LIMIT ノーリミット 自分を超える方法

  • 作者: 栗城史多
  • 出版社/メーカー: サンクチュアリ出版
  • 発売日: 2010/10/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

上大岡トメさん著「トメさんちの前向きごはん」 [本]

新年二日目にして、既に、おせち料理に飽きている私。
でも、作ったからには食べよう、と毎食、黒豆や筑前煮を食べてます。

待望のトメさん新刊!(といっても、出版されたのは去年の秋)


トメさんちの前向きごはん (毎日のごはん作りがラクになる49のヒント)

トメさんちの前向きごはん (毎日のごはん作りがラクになる49のヒント)

  • 作者: 上大岡トメ
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2010/10/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



トメさんの本を読む度に、私って、トメさん&トメさんち、
本当に好きだなあ、と思います(*^_^*)

この本の中には、レシピとかが載っているんじゃなくて、
毎日の、時には『頭痛のタネ』になる食事の仕度を、
トメさん流に楽しく乗り切っていく為の知恵というか
Tipsが詰まっています。

働きながら、一家の主婦、でもある、って
いまや当たり前の社会。
トメさんに共感するのは、フリーランスの職業、
って事もあるかも知れませんが、
なんだろう・・・
情報とか氾濫する時代に
『大事にしたいもの』が似ているような気がします。

この本の定位置はキッチン。
「今日のご飯、何にしよう(*_*)」
「今日は食事の仕度、めんどくさいな−(×_×)」
って思う時に開いて、やる気スイッチを入れる後押しをしてもらう、
そんな風に使っています。
おもわず、「トメさん、ありがとう!」って言っちゃう[わーい(嬉しい顔)]

昨日は練習の後、レンタルしていた映画を見ました↓

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [DVD]

ベンジャミン・バトン 数奇な人生 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD



iTunesのレンタルもあるけど、ダウンロードするより、
片道40分かけても、レンタル店へ行って借りる方が早い我が家f(^ー^;

生まれた時が一番年寄りで、
年を取って、逝く時に赤ちゃんの、
そういう数奇な運命を、ブラピ演じるベンジャミンバトン。

後半は、ずっと泣きっぱなしだったのですが、
どうしてあんなに涙が出たのか、その時には分からなくて、
朝になってから思ったのは、
子どもに対してもそうだけど、
「将来の為に、今は、これこれ、こうしなさい」って
育てられたし育てるけど、
ベンジャミンは逆だから、
「今やろう」と思うことに
忠実に生きて、
でも、
同じ時代に生きてきた
大切な人とはその時間がずれてしまうから、
そこがせつない・・・。
あー、うまく言えない〜〜〜[台風]

ファンタジーだったけど、なんだか、心に染みる良い映画でした。
じじ姿のブラピは、「うえっ(@_@;)」(失礼[あせあせ(飛び散る汗)])だけど、
やっぱり、若返っていってバイクに颯爽と乗る場面で
「ほっほー[揺れるハート]
とうっとりするひとときでした。


ジョー・ブラックをよろしく 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD]

ジョー・ブラックをよろしく 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD]

  • 出版社/メーカー: UPJ/ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD



レジェンド・オブ・フォール コレクターズ・エディション [DVD]

レジェンド・オブ・フォール コレクターズ・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD



ブラッド・ピット コレクション [DVD]

ブラッド・ピット コレクション [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD



セブン [DVD]

セブン [DVD]

  • 出版社/メーカー: ギャガ・コミュニケーションズ
  • メディア: DVD



デビル [DVD]

デビル [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD



正月、っぽいぞ〜[モバQ]
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

池田暁子さん新刊「1日が見えてラクになる!時間整理術!」 [本]

ほのぼのタッチで『生活改善シリーズ』?の池田暁子さんの新刊を読みました。

1日が見えて ラクになる! 時間整理術!

1日が見えて ラクになる! 時間整理術!

  • 作者: 池田暁子
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2010/09/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



他のと同じく、あっという間に笑いながら読みました。

物の整理術と同じように、『作業をまとめる』っていうことが、
時間整理になる、っていうのが、あ、そうだった!と気づきになりました。
あと、家計簿のように、『何にどれだけの時間を使ったか』を
記録する、っていうのも、池田さん流の書き方で、ほのぼのGood[揺れるハート]

実は、今年に入ってから、8割くらい、毎日、この記録を付けています。
色を変えて、仕事=青、家事=黒、練習=オレンジ、公演=赤、
楽しかった時間&掃除時間=緑、で記入。
振り返ると、わりとバランス良く見えるので、なんていうか、
モチベーション、じゃないけど、反省や改善には繋がるような気がします。

多いのが、黒の斜線で記入してある移動時間。
車でも他の交通機関でも、同じ斜線ですが、多い時は、
週の3分の一くらい、斜線で、あれれ?です。

今月一杯で前期課程が終わるので、今また、10月からの
一週間予定表(計画表)を考えて作っています。
自分で調整しないと、手当たり次第にあれこれすることになって
大事な事が飛んでいきそうなので・・・。
先日知り合いの方から「忙しそうだけど、すごくいろんなことを
どうやって時間配分しているんですか?」と聞かれて、
私は、決して時間管理がうまくないので、その質問にドキ[あせあせ(飛び散る汗)]

自分で気をつけてやっている方法は、
「やらなければならないこと」「やるべきこと」を、
1週間単位の中に、何時間ずつ配分していくか、を計画表へ組み入れる、
その表を見ながら出来るだけ、考えた表と時間が合うように
日々過ごす、って方法です。

一日の終わりに、息子が日誌を書く時間に
向かい合って座りながら、自分のも振り返る。
その時に、息子が『心・頭・身体』に関することで、
一つずつ書いた目標が出来たかどうか、記入するのですが、
私もそれに習って、毎月、4つの目標というか目当てを作って、
出来ている日は、四つ葉のクローバーマークを塗りつぶす、
っていうのを、やり始めました。なかなかこれも、いいです。
利用しているのは、シャチハタのオピニというシリーズの手帳。







A5の方を3年くらい使っていますが、
記入することが増えてきたので、来年はほぼ日手帳を使ってみようかな・・・。

ほぼ日手帳 公式ガイドブック 2011 いっしょにいて、たのしい手帳と。

ほぼ日手帳 公式ガイドブック 2011 いっしょにいて、たのしい手帳と。

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2010/08/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



ほぼ日手帳公式ガイドブック 2010

ほぼ日手帳公式ガイドブック 2010

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2009/09/10
  • メディア: 単行本



ほぼ日手帳公式ガイドブック あなたといっしょに、手帳が育つ。

ほぼ日手帳公式ガイドブック あなたといっしょに、手帳が育つ。

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: マガジンハウス
  • 発売日: 2008/09/25
  • メディア: 単行本



来年の手帳が店頭に並ぶ季節[るんるん]
nice!(0)  コメント(0) 

大阪にはうーまいもんがいっぱいあるんやで〜♪ [本]


大阪うまいもんのうた (クローバーえほんシリーズ)

大阪うまいもんのうた (クローバーえほんシリーズ)

  • 作者: 長谷川義史
  • 出版社/メーカー: 佼成出版社
  • 発売日: 2009/09/03
  • メディア: ハードカバー




クレヨンハウスの夏の学校の時、
作家の長谷川義史さんの講演を聞きました。
笑いあり涙ありの爆笑トークライブで、
以前から一度お会いできれば〜[揺れるハート]
と憧れだったので、ほんと、嬉しかったです。

で、
その時に紹介されていた一冊「大阪うまいもんのうた」、
これは、絶対、今、講義に通っている高校で
高校生達とやろう!と思っていて、
今日、この本を持って授業へ行きました[車(セダン)]

担当している生徒さん達は、
もう、毎年、ノリが良く、友だち思いで明るい[ぴかぴか(新しい)]
今日も、案の定、喜んで一緒に遊んでくれました。

で、
「十勝にもうまいもんは、いっぱいあるぞ〜!」
というわけで、
『十勝うまいもんのうた』を、考えました。

チーズ、ワイン、そば、三方六、豚丼、などなど、
振り付けも考えてみんなでやりました。

『十勝うまいもんのうた』
1.とかちには うまいもんが いっぱいある「べさ」〜♪
  三方六 豚丼 らわんぶき〜♪ 2メートル!
2.とかちには うまいもんが いっぱいある「べさ」〜♪
  じゃがバター ワイン とかち牛〜♪ 新得そば!
3.とかちには うまいもんが いっぱいある「べさ」〜♪
  フレンチドックに さとう いっぱいかける〜♪ なまら!
4.とかちには うまい「みせ」が いっぱいある「べさ」〜♪
  たかまん ふじもり 花のれん〜 (は)足寄!
5.とかちには うまいもんが いっぱいある「べさ」〜♪
  さけとば チーズ 食べる醤油〜♪ 乾杯!
6.とかちには うまい「おかし」が いっぱいある「べさ」〜♪
  柳月 ありがとう かほりとこまつ〜♪ 体重!

と、
合わせるとこんなんが、出来ました。
これを、北海道を代表する絵本作家先生へ提出して
『十勝うまいもんのうた』と絵本にして頂くのが
夢です〜♪ あはは〜♪


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感