So-net無料ブログ作成
検索選択
公演告知 ブログトップ
前の10件 | -

It's a time for Trio! [公演告知]

昨日の本番、無事終了。若い皆様、有り難うございました(今日は身体が硬い私です)。

150923_1.jpg

で、
今週末は、いよいよ、楽しみでワクワクしている、トリオ編成の演奏でございます。

◆エコパナイトカフェのライブ◆
日時:2016年2月20日(土曜日) 午後5時30分〜8時30分
(演奏は、6時半から♪)
場所:十勝エコロジーパーク
出演:Xylophone(木琴):野田美佳・中井織恵、Saxophone:植地雄、Piano:乾晋也
Program:Swanee(Gershwin/All Star Trio)、In Sweet September(J.V.monaco/All Star Trio)、Old Man Jazz(G.Quaw/All Star Trio)、Poor Little Butterfly Is A Fly Gal Now(M.K.Jerome&N. Spencer/All Star Trio)、他


去年のナイトカフェでご一緒させて頂いた、サックスの植地君、ピアノの乾君、とても良い青年で有り難い事に、今年も一緒に演奏して頂けると!サックスとピアノ、ときたならば、これは、もう、木琴で、All Star Trioの演奏をするしかないでしょう!と・・・。自分にとってChallengingですが。

木琴研究会仲間の木村百合香さんが一昨年、素晴らしいトランスクリプションの楽譜をKPPから出版されています。その楽譜では、1920〜30年代に実際に神様G.H.グリーンが弾いていた木琴のパートがそのまま、サックスとピアノの演奏している部分をマリンバ一台で演奏するアレンジです。なので、ちょっとずるいかな、と思いますが、私はその楽譜を弾き、二人は耳コピで(多分二人とも、楽譜見て弾くよりその方が楽、と思っているのでは・・・?)演奏することになっています。

打楽器アンサンブルの世界では、ラグタイム、といえば、マリンバで伴奏して、木琴が難しいソロを弾く、というのが当たり前と思われているかも知れませんが、木琴で弾くラグは、実はこんな風に、他楽器とのアンサンブルの中で演奏されるものです。ピアノと木琴というpercussiveな楽器に、サックスみたいな、線を描ける楽器と組み合う時に、どう弾いたらその曲が面白くなるか、それをグリーンはじめ、当時の巨匠達は試行錯誤しながら空いた時間を全て練習に費やし、スタジオやバーなどで披露していたと思います。

実際、「こんな難しいことやってたのか〜」と楽譜を見て弾きながら唸っています。でも初めての組み合わせのトリオなので、どんな風に音を感じることが出来るか、考えただけでワクワクします。

お近くの皆様、御時間ありましたら、どうぞお越し下さいね〜♪


nice!(0)  コメント(0) 

市民芸術祭2015 [公演告知]

新年度、とはいえ、もう、5月。
帯広では、この時期の恒例になりました、おびひろ市民芸術祭が始まっています。
私は昨日、一公演あって、この数ヶ月取り組んでいるバッハ作品を演奏しました。
あー、容姿はもう、どうしようも無いから(いや、あきらめちゃダメだ[パンチ]自分に言い聞かせる笑)、せめて、演奏する音楽は美しい物にしたい、心から思うひとときでした。
お聴き下さいました、お客様へ感謝です。

で、先にお知らせ、今週末5月10日にまた演奏します。
fri_A4150510.jpg

次回は、ポコポンクラブで打楽器四重奏、クラシーコ・ムーサでミヨーのマリンバとヴァイブラフォンのための協奏曲から1,3楽章を演奏します。
打楽器四重奏は、リハ最中に、目を白黒させながら必死に練習していますが、久しぶりに「打楽器アンサンブルって楽しい!」と思っています。若い人たちと一緒に演奏するのは、何かと刺激的です[揺れるハート]
ミヨーは、マリンバの為の協奏曲としては2番目に古い作品で、一人で両方の楽器を弾くとか、使うマレットを持ち替えとか、素手で弾くとか、当時では真新しかった試みが詰まっています。しかも技術的にとても難しい音型。今回暗譜が間に合わない様な気がしますが、響きが美しい曲なので、しっかり形にしたいです。
お近くの皆様、御時間ありましたら、どうぞお越し下さい[るんるん]


話しが変わり・・・、近況[ペン]

春休み中に帰省していた息子の作品?
150506-1.jpg
家に『ミニ・ガンプラミュージアム』が出来ました[わーい(嬉しい顔)]
息子「どうせ、母ちゃんに任せたら、背の順に直立不動で並べるだけだろ〜」
そのとおりでした(^_^;)

ガンダムといえば、4月から始まった朝の連続テレビ小説『まれ』の音楽を、大好きな『ガンダムUnicorn』の澤野弘之さん
音楽を担当していて、朝から気分が上がります[右斜め上]


機動戦士ガンダムUC 7 [DVD]

機動戦士ガンダムUC 7 [DVD]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: DVD







それから・・・最近、はまっているホームメイド・スムージー
150506-2.jpg
毎朝の習慣になっています。楽しくて美味しい一品です。
nice!(0)  コメント(2) 

もうすぐ発表会♪ [公演告知]

今年は、雪が多く「もういりませ〜ん!」と空に向かって言いたくなる。
今日も、朝は雨でしたが、雪に変わりずっと降り続いています。
150310_1.jpg
窓から見える景色、この写真の時より、どんどん雪は降って、真っ白で何も見えないくらいです。

気を取り直し・・・[ペン]

一昨日の日曜日で、今年度のワークショップが一段落しました。
で、今度の土日は、家にレッスンに通っている子ども達と、ワークショップの子ども達の発表会があります。

先に宣伝[るんるん]
◆発表会コンサート◆
日時:3月14日(土) 午後2時開場 2時半開演
場所:十勝エコロジーパーク オリエンテーションルーム
出演:スタジオレラ・中井音楽教室の生徒さん達

◆クニさんミカちゃんピッカピカ春のコンサート◆
日時:3月15日(日) 午後1時半 開演
場所:十勝エコロジーパーク 
出演:クニ河内・野田美佳
   ワークショップ参加の子ども達・ポコポンクラブ

素敵なチラシを書いて頂きました。じゃん!
fri_A4_2015melodykids.jpg
嬉しいです[揺れるハート]

今年は、スタジオに通う子ども達の成長が著しく、一緒に演奏していてドキドキびっくりすることもしばしば。一人何曲も挑戦する子達もいます。ちょっと「盛り沢山の欲張りかな」と心配ですが「やりたい」気持ちを一番大事にしたいので。もしかしたら長いコンサートになるかもしれません。

ワークショップは全6回、今年は『リズム』のことをメインに置いて遊びました。
写真を頂いたので・・・
150310_3.jpg
若い人たちは、十勝自慢の優秀な人たち。
私が何も言わなくても、さっと動いて子ども達を惹き付けて、一緒に遊んでくれます。
これは、手を繋いでリズム運動している所(だと思う)。

150310_2.jpg
なにやら、マレットを振り上げて・・・[るんるん]
本番披露する演目の練習。
このマレットは指揮棒になったり、魔法の杖になったりするんですよ[わーい(嬉しい顔)]
(金ちゃん、写真を有り難うございました!)

ワークショップは3年目で、毎年試行錯誤しながらプログラムを考えてきました。
3年やってみて、流れが見えたように思います。貴重な有り難い時間。
参加してくれた子ども達や保護者の皆様と、この機会を作ってくれたエコパの皆さんに感謝です。
ポコポンクラブの仲間として、一緒に遊んでくれた若い人たちにも、感謝。みんなすごい!

今週末のコンサート、お近くの皆様、[黒ハート]どうぞ子ども達の勇姿を見に来て下さい

と、
その前に明後日、こんなこともあります↓
fri_petitcon.jpg
こちらは、既に定員一杯だそうです。0〜3歳児のコンサート。
一番すごいことになりそうな年齢[あせあせ(飛び散る汗)]
お天気が回復して、道が良くなりますように(^◇^;)


子ども達のコンサート準備で、聴きなおしたCD『ぼくのうたを』

ぼくのうたを クニ河内作品集

ぼくのうたを クニ河内作品集

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: スタジオレラ
  • 発売日: 2008/12/22
  • メディア: CD



『わすれないってやくそく』
作詞作曲 クニ河内

ぼくのなまえ きみのなまえ
わすれない わすれない やくそく
わすれないって やくそくできたら
さよならしようね だってさよならしないと
また会えないもんね

みんなのなまえ せんせいのなまえ
わすれない わすれない やくそく
わすれないって やくそくできたら
さよならしようね だってさよならしないと
また会えないもんね


大事に歌います。
nice!(0)  コメント(0) 

ジョン・ラター合唱曲『Gloria』 [公演告知]

公演のご案内です。

◆ やまなみ合唱団定期演奏会 ◆
日時:2014年11月8日(土) 午後6時半開演(6時開場)
場所:帯広市民文化ホール・小ホール
入場券:大人1000円 高校生以下500円
プログラム:
 日本古謡『さくら』(武満徹編曲)
 混声合唱曲集『落葉松』(小林秀雄作曲)
 グローリア(ジョン・ラター作曲)
お問合せ:やまなみ合唱団ホームページ


と、いうわけで、こちらの演奏会に出演します。合唱で・・・、ではなく、打楽器で、です。
第3部の『グローリア』で、パーカッションを担当します。
練習に参加してきました。

大学卒業したばかりの頃、東京に住んでいた時に、何度か、合唱団の演奏会で打楽器を担当して以来、すごく久々の合唱との共演。ブラスともオケとも違う感じです。人の声、が中心だから、違ってあたりまえです。

参照資料:
ジョン・ラター ウィキペディア
グロリア・YouTube
ジョン・ラター特集『マニフィカート』

オケでは無く、ピアノとオルガンとティンパニと打楽器で伴奏します。
曲がとてもカッコ良い。
3楽章には、変拍子も沢山出てくるので、慣れると気持ちいいです。


Gloria: The Sacred Music of John Rutter

Gloria: The Sacred Music of John Rutter

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Collegium
  • 発売日: 1988/04/01
  • メディア: CD



JOHN RUTTER GLORIA POLYPHONY・CITY OF LONDON SINFONIA / STEPHEN LAYTON

JOHN RUTTER GLORIA POLYPHONY・CITY OF LONDON SINFONIA / STEPHEN LAYTON

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Hyperion UK
  • 発売日: 2001/06/12
  • メディア: CD



Gloria / Magnificat / Psalm 150

Gloria / Magnificat / Psalm 150

  • アーティスト: John Rutter,Stephen Cleobury,City of Birmingham Symphony Orchestra
  • 出版社/メーカー: EMI Classics
  • 発売日: 2004/12/29
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(0) 

6月の演奏会+出来事 [公演告知]

今月は、3つ、演奏する機会があります。
忘れないように・・・[ペン]

◆「TAKEO in OBIHIRO SPECIAL LIVE」◆
日時:6月13日(木) 午後7時開演
場所:とかちプラザ レインボーホール
入場料:大人1,000円 中学生300円 小学生以下無料
    (身体障害者手帳を持っている人は500円)
お問合せ:あがり框(0155ー67ー5283)


主催者のあがり框・千代子さんにお誘い頂き、今回タケオ君とセッションさせて頂くことになりました。
なんというか・・・

言葉でなく、音で。
頭で考えずに、身体の中心で。

この頃、色んな機会や場面で、ちょっと自分のテーマになっている事でもあるのですが、そんなことを、タケオ君と一緒に出来そうな気がしています。
物凄く、貴重な機会を頂くので、大事に、音を奏でたいと思っています。

タケオ君のブログも、どうぞご覧下さい→『新倉壮朗の世界ー十勝毎日新聞に掲載』


◆エコパ歳時記「夏至」キャンドルナイトコンサート◆
日時:6月22日(土) 午後7時ころ〜
場所:十勝エコロジーパーク(音更町十勝川温泉南18丁目1番地)
入場料は無料です。

恒例になった、年に2回(夏至と冬至)のコンサート。
今回は、フルートアンサンブルの笛吹きピータンさん、その主宰者の赤部里美さん、マリンバの中井織恵ちゃんと一緒に1時間くらい演奏の予定です。
里美さんとは、5月に演奏した『フルートレストラン』から2曲、再演できるので、とても楽しみです。
1曲、ずっと弾いてみよう、と思っていたラグ『Raggin' the Scale』に挑戦します。
(あ、言っちゃった!)


◆第3回とかち童謡まつり◆
日時:6月29日(土) 午前10時開演
場所:帯広市民文化ホール 小ホール
出演:ミューズハモリクラブ、あかねぐもの会、つつじが丘幼稚園の子ども達、アドニス少年少女合唱団、帯広三条高校合唱部、クニ河内・野田美佳
お問合せ:帯広葵学園(0155−23−7604)

こちらも、恒例になりつつある公演です。
童謡『赤い山青い山白い山』を地域に根付かせよう、という主旨で始まりました。
三条高校の合唱が素晴らしいです。
今年は園児さん達も一緒の公演のようなので、クニさんが何をするか、なんだか楽しみです。


お近くの皆様、お時間在りましたら、ぜひ、お越し下さい!
m(__)m


ここからは「+α」な、今日までの出来事。

5月末日、息子の運動会がありました。
この地区の保育所・小学校・中学校合同なので、楽しい一日です。
そして、ここでの学校生活最後の運動会、なので・・・・

苦手な揚げ物『カツ』もお弁当に入れました。
130610-3.jpg

『競輪』という、自転車のリムをバトン変わりにして走る競技ではアンカー。
『なわとび』という、全員(13人くらい)でやる長縄飛びで、全回あわせて50回。
『リレー』では、アンカーの前を走る。
運動が得意ではない息子ですが、小さい時からイベント事になると、テンションが上がりっぱなし。
中学3年生になっても、この気合いの入り様は、なんだか微笑ましかったです。

リレーでは、美しくバトンタッチ↓
130610-2.jpg

PTA参加種目、今年は綱引きでした。お母さん頑張りまして、大勝でした。


話しは変わり、
お宝レコードのデジタル化、ようやく波に乗りました。

GarageBand(ガレージバンド)でも、パソコンに取り込むことは簡単にできるのですが、いらない所をカットするとか、レコード特有のノイズをカットするのは、Sound It!(サウンドイット)のほうが、はるかに使いやすいです。
なので、これを使って取り込むことにしました。


Sound it! 6.0 for Macintosh

Sound it! 6.0 for Macintosh

  • 出版社/メーカー: インターネット
  • メディア: CD-ROM




片面に1曲、大体3〜4分、15枚(30曲)を取り込むのに丸2日間かかったので、全部(約357枚)を取り込むのは、まる2ヶ月在れば出来るような気がしてきたぞ〜[あせあせ(飛び散る汗)]
(アレ?計算、間違ってます?)

それにしても、
どれも味わい深くて素晴らしいです。
文字通り、お宝です[ぴかぴか(新しい)]
いずれ、御紹介したいと思っているので、どうぞ、お楽しみに!

130610-1.jpg


木琴のことで、もう一つ。
昨日から、12月8日(日)本番の帯広交響楽団特別演奏会の練習が始まりました。
今度のプログラムは、ショスタコービッチ交響曲第5番です。


ショスタコーヴィチ:交響曲第5番

ショスタコーヴィチ:交響曲第5番

  • アーティスト: アンチェル(カレル),ショスタコーヴィチ,チェコ・フィルハーモニー管弦楽団
  • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2003/07/23
  • メディア: CD



ショスタコーヴィチ:交響曲第5番

ショスタコーヴィチ:交響曲第5番

  • アーティスト: バーンスタイン(レナード),ショスタコーヴィチ,オーマンディ(ユージン),ニューヨーク・フィルハーモニック,ヨーヨー・マ,フィラデルフィア管弦楽団
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
  • 発売日: 2003/12/17
  • メディア: CD



ショスタコーヴィチ:交響曲第5番「革命」

ショスタコーヴィチ:交響曲第5番「革命」

  • アーティスト: ドミトリー・ショスタコーヴィチ,ムラヴィンスキー,レニングラード・フィルハーモニー管弦楽団
  • 出版社/メーカー: ALTUS
  • 発売日: 2000/07/14
  • メディア: CD




そうです、木琴がすごいです。ドキドキします。
大学生時代に観た、N響で演奏していたYさんの姿が脳裏にあります。
こっちの勉強もしないと、です。
この曲、レンタル譜のパート譜では『xylophone』と表記されていますが、スコアだと『silofono』です。



スコア ショスタコービッチ 交響曲第5番 ニ短調 作品47 (Zen‐on score)

スコア ショスタコービッチ 交響曲第5番 ニ短調 作品47 (Zen‐on score)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 全音楽譜出版社
  • 発売日: 2008/07/30
  • メディア: 楽譜




という、
木琴の毎日・・・[るんるん]

nice!(0)  コメント(2) 

Back to・・・ [公演告知]

ゴールデンウイーク、皆様、如何お過ごしでしょうか?

月に一度は更新しようと意気込んだ、2013年度の私の、このブログ、
気がつけば、4月最終日で、焦る焦る。

まずは、忘れないうちに、5月の公演の告知を・・・。

◆おびひろ市民芸術祭・室内楽フェスティバル◆

日時:5月10日(金) 午後7時開演
場所:とかちプラザ レインボーホール
出演:クラシコ・ムーサ/ 早川クロマティックハーモニカソサエティ/ 笛吹きピータン/ ポコポンクラブ
プログラム:
ベートーヴェン:大公トリオ(ピアノ&ヴァイオリン&チェロ)
南こうせつ:北の旅人(クロマティックハーモニカトリオ)
プランツァー:テルエット No.1(フルートトリオ)
伊藤康英:フルートレストラン~フルートとマリンバのための組曲
ウィーラン:リバーダンス(マリンバ&パーカッション)
・・・他

今年は後半で2作品ほど、マリンバを弾きます。

一つは、フルートとのデュオで『フルートレストラン』という、伊藤康英さん作曲のとても可愛らしい組曲。タイトルも『スパゲティ・マチェドーニア』なんて、面白かったりします。もともと、フルート四重奏に書かれた物をフルートとマリンバのデュオでやる、というところから、弾いていて、「あれ、もっと、ここはこうした方が良く響くんじゃないか・・・」なんて思いながら弾いています。
フルートの里美さんが素敵なので、里美さんをご注目下さい[ぴかぴか(新しい)]

もう一つは、ポコポンクラブで、アンサンブル。ウィーラン作曲のリバーダンスから、2曲弾きます。
こちらはノリノリ。打楽器が迫力一杯なので、ホールにどんな風に響くか、少々ドキドキします。
今回のポコポンクラブの仲間は、いつもの織恵ちゃんと吹研の打楽器メンバー。
リハーサルが楽しいのです[るんるん]
なんていうか、「打楽器すき」仲間が集まると、こんなんかな、なんて、久しぶりに打楽器アンサンブルを新鮮な気持ちでやっている感じです。

前半はベートーヴェンのトリオと、ハーモニカのアンサンブルもあります。
入場無料ですので、ぜひぜひ、お立ち寄り下さい!


◆帯広交響楽団・定期演奏会◆
日時:5月19日(日) 午後3時開演
場所:帯広市民文化ホール 大ホール
プログラム:
#サキソフォン協奏曲(トマジ)
#スロバキアンラプソディ(加藤昌則)
#交響曲第2番(ラフマニノフ)

ソリストにサキソフォン奏者『世界の須川展也さん』を迎え、前半はコンチェルト、後半でラフマニノフです。開演10分前にプレトークもあります。

恥ずかしながら、今回ラフマニノフに出会うまで、ピアコン2番が有名なことくらいしか、ラフマニノフのことを知りませんでした。この交響曲2番は、本当に素晴らしい作品です。打楽器の出番は少なくて、リハーサルでも、気がつけば1時間半以上、何もしていないや、今日・・・、なんて思うこともありましたが、曲が素晴らしいので、スコアを見ながら過ごしていたら、すっかりラフマニノフファンになっていました。特に3楽章は「私、自分のお葬式でこの曲を流してほしいや」と思うほど、上手く言えませんが、心が洗われる作品です。
欲を言うと、まだ終わる前から言うのも何ですが、今度はいつか、交響曲3番がやってみたいです。
木琴が活躍するんですよね・・・3番。

こちらは有料ですが、須川さんの演奏もきっと素晴らしい、十勝では滅多に聴けないプロのサックス演奏ですから、ぜひぜひ、お越し下さい!


さて、
前置きが長くなりましたが、タイトルの『Back to・・・』へ。
年度が変わり、新生活がスタート!と同時に、例年と同様に・・・な生活を過ごしています。

今年度も、管内池田高校への出講が決まり、授業が始まり、片道約80分の道のりを運転中、大好きな木琴の曲を沢山聞きながら通っています。
今年は、2,3年生が12人合同でリトミックを1時間、2時限目は基本は打楽器演奏法を打楽器の生徒さん一人、という具合で過ごします。
3年生は半年ぶりの再会で、去年の私の、このなんていうか、ゆるいというか、ふざけたというか、ことばたらずというか、ペースを既に経験しているので、何をしゃべってもニコニコと聴いてくれます。が、2年生は、「ここは笑って良い所なのか・・・」と若干戸惑いながら出席している様子で、なんだか、申し訳ない様な面白いような。一昨年の生徒さんの名言「この授業は『息抜き』」を、誇りに思い(?)、音楽で何が出来るか、を一緒に考えながら一年間、過ごそうと思っています。

で、
この池高吹奏楽部の皆さんと、クニさんが共演するイベントがあります。

◆愛の国さくらまつり◆
日時:5月19日(日) 午前10時から午後2時頃まで
場所:北愛国交流広場
 
クニさん達の演奏は、大体11時40分くらいからの予定です。
私も毎年参加していましたが、今年は先に書いた、帯響の定期演奏会のため、参加できません。残念。
彼らの元気なダンプレ(ダンス&プレイ)を観ていると、本当に元気になりますよ!
お天気が良くなることをお祈りして、お近くの皆様、是非是非、こちらもお越し下さい!
クニさんは、先日テレビでも放映された歌『たいちくんの家族』を歌うと思います。


そうそう、
そのテレビ番組が再放送されるらしいです。
20130430-3.jpg

◆クニ河内 とかちをうたう◆
放送日:5月3日(金) 15:05〜
チャンネル:北海道NHK総合

全道放送なのか、十勝ローカル放送なのか、今ちょっと解りません。
なんとも、クニさんのほんわかした魅力が描かれている感じで、それを神埼さんがふんわりと包んでくれたような番組でした。思わず笑顔になっちゃうような。
よかったね、クニさん、って思いました。


話しを戻し、
その高校への通勤途中に、北へ帰る白鳥の群れに出会いました。
空を飛んでる時もあれば、こんな風に↓
20130430-1.jpg

畑で一休みしているところにも、遭遇。
白鳥って、思っているより大きい動物です。
白くてドテッとしていて迫力ありますよ。

白鳥以外にも↓
20130430-2.jpg

小さくて分かり難いですが、鹿の親子?
遠くから見ているのに気がつくと、鹿達もこちらを観察するんですよ。
冬も活動していたけれど、新芽をむさぼっているんだろうなあ、と思いました。
今や『害獣』って言われてます、鹿さん達。


あと、Back to・・・なのは、自分の木琴への取り組み。

数週間前に、最後のSPコレクションの箱達が届きました。これを開封して整理して、自分がどんなお宝を持っているか、確認しなくてはいけません。私のGWは、芸術祭の練習と、このお宝群の整理整頓になりそうです。
ここ数日、平岡養一さんに関する研究内容のやりとりを拝見させて頂いて、たった一人の方でも、これだけの事実(史実)があるのだなあ、と私の頭では解釈が追いついていない位の事があります。

改めて言うことでもないのですが、自分は本当に木琴が大好きだ〜、で、宝の持ち腐れにならないように、一人だけで楽しむのではなくて、この魅力をなんとか、伝えたいなあ、と思っています。
今年は、息子が第一優先の『バカ親バカ』な私ですが、こと木琴に帯する「好き」という気持ちは、どうやら頑張らなくても維持できているようで、牛歩状態ではありますが、進んでいるかな、という感じです。
あ、だったらBack to・・・ではなくて、木琴はin progressって書くべきかな。


長くなりましたが、お読み下さいまして有り難うございます。
m(__)m
皆様の休日が、事故無く楽しい時間でありますように・祈。 
nice!(0)  コメント(0) 

エコパ・ナイトカフェ♪ [公演告知]

今日、外は大雪が降っています。
今月もまた、殆どブログを更新しないまま、過ぎてしまいました。
(反省しつつ、読んで下さいました皆様へ、ホントに感謝ですm(__)m)

今月は毎年恒例の関西クリスマスコンサートの合間と後、帯広交響楽団の公演や、エコパでのコンサートと1ヶ月ぶりのレッスンなど、休みがなく過ごしていました。
あと二日の今年の間に、まだやらなくてはならないことを抱え・・・。

今日のタイトル、『エコパ・ナイトカフェ』ですが、1月11〜13日の3日間、夜のエコパを楽しんで頂こう、と企画があり、こんな私ですみません、なのですが、音楽で参加させて頂きます。

1月11日は、フラメンコを中心に、スペインにちなんだ音楽をお楽しみ頂きます。
フラメンコ・バイレは、十勝在住の小関博美さん。
うっとりするくらい素敵です。今回ばかりは、自分は観る方にまわりたい、と思うほどです。
ギターは、同じく十勝在住の村田博之さん。
で、
私はマリンバも弾きますが、なんと、怖い物知らずというか、恥知らずというか、今回フラメンコ曲の歌(カンテ)に挑戦します[あせあせ(飛び散る汗)]

カンテ、憧れですが、憧れだけじゃ・・・と練習していて悶々とします。
発声が独特のような気がします。
いつもコンサートで歌っている感じでは、軽くなりすぎてしまうみたい。
スペイン語で実際のテンポでパルマを打ちながら練習している内に、声ががらがらになってきます。
それが、丁度良いのかもしれないな、なんて風にも思います。

フラメンコ、やっている方は分かると思うのですが、よく『フラメンコ=生きることです』と本に書いてあるように、それを表現しようとしたら、身体の中心から感じるというか表現するというか、そんなことが必要な気がします。

小関先生の踊りと村田さんのギター、が素晴らしいので、熱い、ドキドキするような一夜になると思います。

1月12日は、最近いつも一緒にデュオをしている中井織恵ちゃんと一緒にマリンバを演奏と、「はるみオールスターズ」の佐藤春美さんとジョイントです。
『オールスターズ』は、はるみさん製作の打ち込み音源。なので、演奏者は3人です。
この日は、ポピュラー音楽の演奏。
1部が30分くらいのデュオ、2部ははるみさんのソロ、3部は3人で。
はるみさんがすごく優しい方で、初めての共演ですが、こちらが恐縮します。
お馴染みのナンバーばかりなので、楽しいですよ〜!という一夜になると思います。

1月13日は、クリスタルボールとスピリチュアルダンスとのコラボレーション。
クリスタルボール演奏のなーやさん(屋久島在住)、ダンスの真理子さんのお二人とは、今回初めて共演させて頂きます。
おそらく、私は殆ど即興演奏。
即興、大好きです。特に、ダンスや他のアートとのコラボが好きです。
会場のエコパが、すごく気持ちいい響きがする場所なので、空気感を大切にしながらコラボレーション出来るんじゃないかしら、と思います。
癒やしの一夜になると思います。


というわけで、
お正月返上で練習の母を見切って、息子は私の実家(静岡)へ、一人で出かけていきました(^_^;)。
離れていても、家族みんなが、穏やかに新年を迎えられることを祈り、こうして過ごしていられる幸運を神様と周りの皆様に感謝です。

今年も、本当に有り難うございました。
みんなが良い新年を迎えられますように。

121230.jpg
(写真は、今年の初日の出。穏やかでした)
nice!(0)  コメント(0) 

12月です [公演告知]

月めくりのカレンダーが、あと1枚になりました。
今日から12月。

自宅の周りの風景は・・・

121201-1.jpg
中庭。
『ケロちゃんのバス』には、雪が乗っています。

121201-2.jpg
南側の庭(?)
草刈りが間に合わず、ぼさぼさで、ちと、恥ずかしい。

121201-5.jpg
東側。
実は、某社の電波鉄塔が建ちました。が、
白樺並木にカモフラージュ。よかった。

121201-4.jpg
今朝はすごく冷え込んで、窓に花が咲いたような結晶が付きました。

今月から来月にかけて、公演が続きます。
本当に有り難い事です。

12月4日〜7日 関西クリスマスコンサート
12月8日 イングリッシュ・ジョイ ウインターカーニバル
12月10日〜14日 関西クリスマスコンサート
12月16日 交響詩『十勝』演奏会
12月22日 音楽で彩るエコパ キャンドルナイトコンサート

ウインターフェスティバル期間中に開催されている『音楽で彩るエコパ』では、3月までの間、色々と企画に参加させて頂く予定です。
有り難うございます

1月11日〜13日 音楽で彩るエコパ『エコパ・ナイトカフェ』
11日 フラメンコを感じる 
12日 はるみオールスターズ
13日 クリスタルボール ヒーリングライブ

上記3夜、マリンバで参加させて頂きます[るんるん]
お時間ありましたら、ぜひ、観にいらして下さい。
m(__)m

2月には、子ども達中心のワークショップ[かわいい]とコンサート。
3月は、クニさんとピッカピカ[ぴかぴか(新しい)]なコンサート、の予定です。
すごく楽しみにしています[るんるん]

体調を万全に、行った先々で笑顔になれるコンサートをやっていきたいと思います。


話しは戻り・・・
家の風景。

121201-3.jpg
自宅に備え付けの、FFストーブ
もう、10年使っているのですが、一昨日初めて、『自動温度設定』なるものを使ってみました。
いわずもがな、室温を一定に保つための機能。
[ひらめき][ひらめき][ひらめき]すごく便利[ひらめき][ひらめき][ひらめき]
なんで、もっと早く使用しなかったのか・・・[モバQ]
「いつもそこにある」暖房がある有り難さ。

先日の登別での停電のニュースは、なんだか、同じ北海道に住む人間にとって、人ごとじゃ無かった。自然には逆らえないから、どこで、いつ、どんなことも起こりうる。冬の北海道・東北は暖房が無かったら、大変・・・。

そして、おだやかな土曜日の朝食・食卓風景↓
121201-6.jpg
やー、なんか間違っている・・・[たらーっ(汗)](?_?)エ?

みんなの12月が温かく穏やかでありますように。
nice!(0)  コメント(0) 

連続投稿その2 [公演告知]

7月22日の公演も、すごく楽しみに準備していますが、その前に、
今週末、続けて演奏するイベントがあります。

一つは、『駅コン』
6月30日(土)、時間は14時〜15時の中、後半30分くらい、
クニさんと一緒に歌とマリンバで出演します。
場所は、帯広駅構内なので、駅コン♪ですが、
椅子も並べられる様なので、お近くの皆様、お立ち寄り下さい[揺れるハート]

もう一つは『とかち童謡まつり』です。
7月1日(日)、帯広駅前のとかちプラザ・レインボーホールで、7団体ほど、
主に童謡を奏でるコンサートです。
十勝地方に伝わる子守唄に『赤い山青い山白い山』という歌があります。
これは、北原白秋の『赤い鳥小鳥』の原曲だそうで、
この歌を歌い継いでいこう、と言う企画コンサートです。
(1団体、約15分の演奏)

コンサートは、14時開演ですが、同じ日の11時15分から、
日本子守唄協会の会長でもあります、西館好子さんの講演もあります。
お時間ありましたら、ぜひ。

衣装ですか?
どうしましょう・・・(^_^;)
nice!(0)  コメント(0) 

そして、クラシックの杜♪ [公演告知]

(連続投稿!)

昨日は、幕別町百年記念ホールへ、ピアノの波塚三恵子先生とフルートの赤部里美さんが出演する、『クラシックの杜』を聴きに行きました。

波塚先生のピアノ演奏をじっくりと客席で聴けたのは、久しぶりでした。
バルトークの組曲も、モーツァルトのソナタも良かったけれど、なんと言っても、
リストのソナタ、素晴らしかった[ぴかぴか(新しい)]


リスト:ピアノ・ソナタ

リスト:ピアノ・ソナタ

  • アーティスト: ポリーニ(マウリチオ),リスト
  • 出版社/メーカー: ポリドール
  • 発売日: 2000/02/02
  • メディア: CD



リスト:ピアノソナタ

リスト:ピアノソナタ

  • アーティスト: アラウ(クラウディオ),リスト
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2004/06/30
  • メディア: CD



リスト:ピアノソナタ

リスト:ピアノソナタ

  • アーティスト: カーゾン(サー・クリフォード),リスト,シューベルト
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2002/03/27
  • メディア: CD



リスト:ピアノソナタ

リスト:ピアノソナタ

  • アーティスト: ダルレ(ジャンヌ=マリー),リスト
  • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2004/09/22
  • メディア: CD



リスト:ピアノ・ソナタ、バッハ=ブゾーニ:シャコンヌ

リスト:ピアノ・ソナタ、バッハ=ブゾーニ:シャコンヌ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: BMG JAPAN Inc.
  • 発売日: 2009/10/21
  • メディア: CD



里美さんの演奏も、難しいことを「さらり」と演奏してしまうところ、素晴らしかったです[るんるん]


で、
その『クラシックの杜』、次回は自分の番です[るんるん]

クラシックの杜 Vol.16
『木琴とマリンバと・・・with xylophone or marimba』
日時:7月22日(日)開演 15:00 
場所:幕別町百年記念ホール(北海道中川郡幕別町千住180−1)
出演:木琴/マリンバ 野田美佳、ピアノ 波塚三恵子
入場料:全席自由 1000円 (小中高生無料)
チケット販売はホール、勝毎サロン、藤丸チケットぴあ、チケットらいぶのみです
プログラム:
#ジー・ウィズ!(B. ブルック)
#四季の花そして花言葉(千秋次郎)
#モッキングバード幻想曲(W.R.ストビー)
#木琴とオーケストラの為の小協奏曲(黛俊郎)
#ムゼッタのワルツ(プッチーニ/E.サミュ編)
#華麗なワルツ(G.H.グリーン/B.ベッカー編)
#マリンバとピアノの為の『青いドレスの人へ』(千秋次郎・十勝初演)
#バイバイ・メドレー(B.ベッカー編)


作品については、おって自分の木琴ブログにも解説を載せていきたいな、と考えています。
今回は、マリンバと木琴両方を並べて、音色を比べながら聴いて頂きたいとプログラムを構成しました。
見どころは、やはり、先日入手したLeedy社製の木琴↓
20120625-2.jpg

『モッキンバード』やグリーンの作品は、この楽器が創られた頃に作曲されている曲なので、この楽器で演奏したいな、と思っています。
ちょっと欲張りな気もする構成ですが、お客様に喜んで頂けるのが最大の喜びでもあります[ハートたち(複数ハート)]

え?
衣装ですか?
おたのしみにσ(^◇^;)

お近くの皆様、お時間ありましたら、ぜひぜひ、お越し下さい!
m(__)m
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 公演告知 ブログトップ